Ibanez TS9B Mod.
TS9B to G Limited Run

   ベース用チューブスクリーマーを
        ギター用にモディファイ!


歪み音に原音ブースト音をブレンドすると潰れ過ぎず、ピッキングニュアンスを
出し易い事はよく知られていると思いますが、原音ミックスコントロールを持つ
ベース用チューブスクリーマーをギター用にモディファイしました。

定数変更に加え、当店のお家芸でもある80年代JRC4558Dオペアンプへの交換、
トゥルーバイパス等、これまでのTSシリーズのモディファイで培ったノウハウを
注ぎ込み、結果思った以上の 「大人が喜ぶトーン」に仕上がりました。

「チューブスクリーマー系の音は好きなんだけど潰れる感じが嫌なんだよね」
という方にオススメです。

そろそろ特注のスイッチパネルが底を付きます。継続か否か現在検討中の為
モデル名を記したラベルすら無い、完全少数限定製作となります。
また、素体持込みでのモディファイはお受け出来ません。ご了承下さい。

             税込販売価格  \34,800.

*外観・仕様、販売価格は予告なく変更になる場合があります。
  予めご了承下さい。
Play Guitar Play Bass









製作秘話?
この所、私のマイブームは「原音ブレンドのオーバードライブ」でした。
ありとあらゆる原音ブレンド物を試していましたが、どれも「惜しい」物でした。
ここで言う「惜しい」は「いじった所でどうにかなるとは思えない」という事です。

一方で私はベース用の歪み物が好きで、色々試しています。
そこで今回の素体であるTS9Bを試したのですが、私にはローが強過ぎる感がありました。
がっ!「これギター用にアレンジしちゃったら結構イケるンでないかい?」と気付いて数ヶ月。
一般業務に感けてサボっていたダメな私。
ようやく時間的余裕が出来たので再び裏蓋を開けました。

基本回路はTSっていえばTSの部類なんでしょうが、「TSの定義をアソコとするなら、
これはTSではないんじゃないの?」っていうぐらい別物です。
それでも共通部品は多く、「このコンデンサ嫌い!」とか、「ここにコレ使っちゃダメね〜あの
モデルのアソコでコレ使う様になったから沢山仕入れちゃったんだろうけど!」なんて調子で
今までのTSモディファイシリーズの経験を活かして作り込みました。
「あ〜、もう今日は耳がバカになったから中止!」とか「今日はね、電子工作モードじゃないの」
「今日は急ぎのリペアがあるからね」と、ダメ人間ぶりをまざまざと見せつけ、数日後ようやく完成。
(実際、掛かりっきりだと判断が難しくなる事があります。そういう時は一旦離れて耳をリセット、
ニュートラルな状態で再度取り掛かるとあっさり決まる事ってあるんです。)

仕上がりは予想以上の物が出来ちゃってびっくり。マジックってあるんですよね。(笑)

しかも、ベースコントロールの帯域を少しずらして更に幅を持たせたので、このモディファイした
状態でベースに使ってもGOODでした。私と同じ様ノーマルの物に「ロー過多」と感じられた
べーシストさんにもイイんじゃないかと思います。
だからB to G (Bass to Guitar)は「Bass用をGuitar用にモディファイ」の意ではなく
「BassからGuitarまでフォローする様にモディファイ」と解釈していただいた方がいいと思います。

関連コラムページへGO!

商品に関するご質問などは.....
TEL 0463-93-5484
Mail info@sound-loft.com
までお気軽にどうぞ!
メール受信設定についてのお願い

ご注文の際は こちらのページをご覧ください。

掲載の画像は撮影状況やお使いのモニターの特性によって
現物とはややニュアンスが異なる場合がございます。
予めご了承下さい。


Sound Loft
URL http://www.sound-loft.com

〒259-1114 神奈川伊勢原市高森6-1581-13
TEL/FAX 0463-93-5484

当店MAP こちらからどうぞ!