「おとな限定・お子様お断り!」

HOME MADE EFFECTOR
BULL-RANGER BOOSTER HG









シングルコイルPUのSTタイプ+Roland 旧BC60クリーンチャンネル




ハムバッキングPUのVタイプ+Roland 旧BC60クリーンチャンネル

これらのムービーはiPhone+ZOOM iQ7で撮影しました。




 Bull-Ranger Booster HGは伝説のブースター、RangeMasterのクローンです。

Rangemasterはトレブルブースターですが強調されるのはトレブルだけではなく
程良いロー、ミッドを生み出します。とはいえ、トレブルブースターである事は
間違いありませんので、コレに合わせたアンプセッティングが必要、本来は
常時ONで使用すべき物と思いますが世の流れに従って(笑)トゥルーバイパスを
採用しています。

「常時ON」「レベル10」「コントロールはギター側とピッキングで」という使用方法は
一連のBull Fighterシリーズと同じです。
初代Bull Fighterが比較的都会的で扱い易く、BullFighter Germaが南部へ下って
泥臭さを纏った乱暴者とするなら、当機Bull-Rangerは法も倫理も無用な時代の
凶暴なご先祖様という所でしょうか。
(初代BullFighterでも現代のエフェクターに比べれば十分凶暴なのですが)
主観ではありますが、Bull-Rangerは「やさぐれ感」「サチュレーション感」の強い
サウンドです。クラッシックロックの再現やニュアンスの取り込みには必須です。


臓部とも言えるトランジスタには勿論ゲルマニウムトランジスタを採用。
数多くのゲルマ品種の中からオリジナルに使用されていたトランジスタOC44と
比較テストを行い、データ上・聴感上ともに最も近い品種を発掘。
更に一般にレンジマスターに使用されていたOC44はhfe(増幅)70前後と言われますが
本機にはhfe100〜の物を選別し採用。よりゲインの高いモデルに仕上げ
ネーミングもBull-Ranger HG (High Gain) としました。
(関連コラムは こちらのページへ!

ホットグランドの為ACアダプターが使えない機種が多いPNPトランジスタですが、
一般的な9VACアダプターが使用可能な様、細工を施しました。
(但し僅かなスイッチノイズは入ります)

外観は一連のBullFighterシリーズ共通です。違いはノブの色のみ。
LEDはThird Eyeを示していて、ONでチャクラが開く、というイメージです。
ブルーのチャクラは聴覚や自己表現に影響するそうですよ。(笑)


 ヴィンテージパーツを使用している為、RoHs規制により輸出はいたしません。
日本国内のみの販売となります。





*外観・仕様・価格は予告なく変更になる事があります。予めご了承下さい。
                本体価格\24,000. 税込価格
\25,920.

商品に関するご質問などはE-MAILでも承っておりますのが
TELが確実です。気軽にご連絡下さい!
(当店在庫商品以外のご質問はご遠慮下さい)

商品に関するご質問などは.....
TEL 0463-93-5484
Mail info@sound-loft.com
までお気軽にどうぞ!
メール受信設定についてのお願い

ご注文の際は こちらのページをご覧ください。

掲載の画像は撮影状況やお使いのモニターの特性によって
現物とはややニュアンスが異なる場合がございます。
予めご了承下さい。


Sound Loft
URL http://www.sound-loft.com

〒259-1114 神奈川伊勢原市高森6-1581-13
TEL/FAX 0463-93-5484

当店MAP こちらからどうぞ!